ゲームを記録する

ほぼ自分用で個人の感想です

ゼノブレイド2

※ネタバレあり

年末に終わってたんですけど投稿してなかったので−!

ゼノブレイド2は素晴らしいゲームです。もしかしたら前作以上かもしれない紛う事なき神ゲーです。 ただ、色々と気になる部分も多いゲームでした。

良いところも悪いところも書いていきますぞ!

×とにかく私はホムラのデザインが嫌い

これだけは最初に言いたい。

おっぱいがデカすぎる!!!!!!!

ホムラのキャラデザ進めているうちに慣れるかと思ったのですがまったくもって慣れない。 清純派ヒロインといった性格なのに、あのおっぱいのデカさ。 意味が分からない。

本当に驚くほど大きいので私の場合、おっぱいのデカさばかりに目がいってしまい、イベントシーンが頭に入らず、ストーリーの妨げになる始末。ただただイライラする。

これがセクシー系キャラなら別におっぱいがデカくても全く気にならないのですが……何故メインヒロインがこんなことに…私は哀しい。

衣装?の方向性は「ゼノサーガ」のCOS-MOSとか、前作のメカルン系。 でもメカルンはそういう分かりやすい色気要素は無かったし、COS-MOSに至っては表情はほぼ無く、命令を着実に成功させるロボットのような存在だったので、そういう「やらしさ」は無かった(と私は思っている)。

因みに前作無印が無かったなら、ホムラのデザインはあまり気にならなかったと思う。

色気を求めていないシリーズで突然ギャルゲのテンションを持ってこられて困惑してる、と言えば良いのかな?別におっぱいを憎んでいるわけではない。

極端な例で言うとサザエさん見てたら突然深夜美少女お色気アニメのキャラが出てきたような感じ。意味分かんねえ。

ホムラのキャラデザの意図

※自分の言うキャラデザは見た目以外の設定、性格も含めます

前項で散々ホムラの文句を書きましたがホムラのキャラデザの意図は想像は出来ます。

2Bの尻みたいなもんで、新規ユーザーに対する話題性も勿論なのですが

ホムラ=ヒカリ

このキャラクターの対比を描きたかったのだと思います。 同一人物でありながら全く違う性質をもったキャラクター。 ホムラはヒカリの作り出した理想の人格・理想の見た目で、かなり対照的に描かれています。

ヒカリが出てきた時自分の中である程度合点がいったというか、納得みが深かった。

……まぁそれにしても、ですけど。

◎捨てキャラがいない!

1の時よりメインキャラクターにスポットが当てられていると感じました。 変な話捨てキャラが居ないんです。 全員ストーリーに必要なキャラで、存在感がある。ドラマもしっかりと作られている。

このバランスの取り方は他RPGも見習って欲しいなあと思います。。。

変な話仲間になる時だけちょこっとしたエピソードがあって、それ以降はなんでお前いるの?みたいなキャラってパーティメンバーに1人はいると思うんですけど(酷)、そういうキャラがいないんですよね。

レアブレイドに関しても、キャラの形をしている攻撃道具というものでは無くしっかりと一人一人にイベントが作り込まれてあって驚きました。

メインキャラに焦点が当てられているからか、今作はモブとの繋がりは多少薄めには感じましたが、ただのサブクエかと思いきや家族を殺してしまったり政治的なアレコレでほぼ暗殺者か!?みたいなことをさせられたりと割と内容が重めなものがチョコチョコとあるのはすごく良かったですね。 (メタルマックスリンダキューブのような、人の命が軽い世界観好きなので・・・)

×序盤がかなりダルい

実は発売してすぐにゼノブレイド2、買ってたんですよ。 でも半年ぐらい放置してました。何故か?

ホムラのデザインが気に食わないことに加え、どうでも良いギャグイベントのようなもの(しかもスキップ出来ない)が多く、本当に!全く!興味が湧かなかったんです。苦痛。

あとゼノブレイドシリーズといえば広大なマップですが・・・・・・

今作、スタート地点の街が結構狭いイメージを受けるんですね。

ワクワクしなさすぎる。笑

(そもそも今作は島状になっている小型の巨神獣を渡るような設計なのでこの狭さ感は仕方ないとは思いますが、前作みたいな「うわーここ腕!?頭!?」みたいなやつは終始無かった)

40時間過ぎた辺りから戦闘もストーリーもメチャクチャ面白くなってきて、そこからはズブズブとハマって行きました。その辺でようやく戦闘のチュートリアルも終わります。

いやチュートリアル長すぎだろみたいな。

それほどまでに戦闘システムが複雑だったんですね・・・・・・(その上説明不足)

私もゲーム慣れはしてる方だと思うのですが、正直最初コンボのシステムなど理解出来ませんでした。

×戦闘システムなど全体的に説明不足感

戦闘システム、一発で全てを理解する人はいないのでは!?というほどややこしい戦闘システムをしています。 理解すればメチャクチャ面白いんですけどね。

自分はこんなブログを書いているぐらいゲームは結構好きなのですけど、自分も最初戦闘システム理解してませんでした。 家族が先にクリア済だったので、すぐに教えて貰い理解出来ましたが・・・・・・

強敵に対してコンボを4重か5重ぐらい繋げるんですけど、説明が一瞬過ぎる上さらっとされる感じなんですよね・・・めっちゃコンボ重要なんですけどね!?

かといって説明ありすぎるのもウザいですよね。 初心者の館的なのがあっても良かったかもしれない。。。

△育成方法が多種多様

良いところでもあるんです!あるんですけど!!!! ブレイド育成方法がブレイドによって違いすぎてタイヘン。でも面白い。

×フィールドスキルが面倒くさい

ブレイドと仲間が増えてくる中盤以降は特に通れないところや開けられない宝箱などは無いんですがいちいち入れ替えをするのが面倒臭すぎる・・・・・・

序盤に行き場所制限するならもっと別の方法があったのでは?とは思いますね。

広大で美しいマップもウリだと思うので、このフィールド制限はどう考えても良くないと思います。

◎途中でダレないストーリー・演出

序盤は・・・() ですが!

時報・・・富竹・・・と言うべきポイントがあり、そこからはビックリするぐらい面白くなります。 目が離せないというか・・・

1の時からそうなんですけどアニメ的なムービーの演出がとても良い。 セリフも熱くて、盛り上がらざるを得ない。

好みもあるとは思いますが、グレンラガン的な熱さが好きな人なら好きだと思います。

△そして、大作過ぎる

これは素晴らしいポイントでもあるんですが・・・・・・ ゼノブレイド2は国内RPG、いや今存在しているRPGの中でもシステム、マップ、ストーリー・・・どこを取っても屈指のボリュームかと思われます。

最終章に着いたときの私のプレイ時間、なんと180時間。

それでもクエスト全部埋められてません。レアブレイド揃ってません。という状態。

ここまで時間が掛かってしまうと、流石にいくら面白かろうが人には薦めにくいRPGです。

しかも面白くなるまで40時間もかかりますからね。

普通やめますって。

◎とにかく個人的に最終章が良かった

私、沼作品が好きなんです。 調べれば調べるほどズブズブとハマっちゃうような作品。 逆に調べないとよく分からないところがあるような作品。

ゼノシリーズの難解な部分は前作の1で捨てたのかなーと思わせつつ逆に戻ってきた!?みたいな展開になったので大喜び。 しかも分かりやすさとのバランスが良いんです。 別にそこは考えなくても全然良いポイントだけど、考えてみると点が線になる感覚があって。最高です。

取り敢えず早く文章有りの公式設定資料集が欲しいところです()

ここまで文句ばっか言っちゃっけど・・・

もっと評価されるべき。

総合するとめちゃくちゃ面白かったです!!!!!

とはいえ万人にウケる完璧な作品では無いとハッキリ言えます。 正直残念なところもある。

でも今のご時世にウケるようなエッセンスを加えながらよくここまでまとめあげたな・・・と思います。 もうそこに感動してしまった・・・。

あと前作に引き続き音楽がめちゃくちゃ良い。 自分は学生時代ずっと吹奏楽部だったのでああ!吹きたい!とウズウズしてしまう曲も多々・・・ お気に入りのMAP曲はスペルビア帝国~赤土を駆け抜けて~です。昼の方ですね。

youtu.be

まだイーラやってないですがクリアしたらまたこのブログに書きたいと思います。

Xenoblade2 (ゼノブレイド2) - Switch
任天堂 (2017-12-01)
売り上げランキング: 286
ゼノブレイド2 オリジナル・サウンドトラック
光田康典 ACE(工藤ともり、CHiCO) 平松建治 清田愛未
SLEIGH BELLS (2018-05-23)
売り上げランキング: 902

やってる・やりたいコンテンツ

やってるコンテンツとやりたいコンテンツをこの記事にメモとして書いていこうと思います。 これを先にやった方が良いよ、などあったら教えて下さい。

やってる

KH3 スマブラ

やりたい

PS4

Switch

PC

3DS

PSVita

その他

太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!

最近4歳の息子がマリオやカービィなどのゲームをやれやれとうるさいのですが、マリオもカービィもやることが少なくなってきたので皆で遊べる簡単なゲームはないものかと思い『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん! 』を買ってみました。

太鼓の達人は筐体が出始めの頃少しやったことがあるぐらいだったんですが、最近筐体を久しぶりにプレイしてみたら恐ろしいぐらい曲が増えててかなり驚きました。曲が多すぎて制限時間内に選択できない。

筐体には「お子さまモード」なんてものもあり、幅広い年齢の人がプレイできるように配慮されている模様。お子さまモードにすると、「カッ」という太鼓の側面を叩く音符が「ドン」でも反応してくれるという判定ゆるゆるモードになります。 Switch版でも「やさしい」がそんな感じ。 なのでまぁ取り敢えず太鼓叩いてたらある程度なんとかなるかなぁという。

専用コントローラーでもっと楽しい

太鼓の達人は直感的な操作が楽しいゲーム。棒で太鼓を殴るのはストレス解消にもなります!!!! ということで、「バチコン」なる専用コントローラーを購入。

勿論家族で一緒に対戦・協力プレイしたいので本音を言うと2つ買いたいところなのですが、こいつめっちゃ高いんですよね。。。7538円。場所も取るし。

ということで叩かないタイプのグリップも購入。これはSwitchのジョイコンに装着するただのアクセサリーです。でもバチ感が出て無いよりはずっと良いです。安いし。

太鼓とバチの専用コントローラーは太鼓を叩けるというだけでとても価値があるコントローラーです。ただど真ん中の判定が微妙なので、叩く時は少し上側を叩くと良いです。この辺は慣れですね。 太鼓を固定している台は滑り止めが結構効いていて、私のようなゴリラでなければそんなに動くことも無いと思います。

ファミリーゲームとしてオススメ

太鼓の達人の強みは他の音ゲーよりもJ-popや子供向けアニメの主題歌が多く入っていることでしょうね。「太鼓を叩くだけ」のシンプルで分かりやすい操作性も小さい子供に優しい。 キャラもみんなカワイイデザインだし、うちの子達は私の影響でカービィが大好きなので操作キャラにカービィがいるのも良いみたいで、カービィが動いてるだけで大騒ぎしています。笑

うちの2歳と4歳はまだ全然マトモにプレイすることは出来ませんが、音楽が流れてそれに合わせてなんとなくバチを振っているだけで楽しいようです。

通常音ゲーモードも良いみたいですが、中でもパーティゲームモードにハマっています。こっちもやっぱりちゃんとプレイは出来て無いのですが音ゲーモードに比べ色んな動きがあるのと、『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』は曲やキャラクターが特定の条件でアンロックされていくシステムなので、点数や判定結果など関係無く色んな要素が解放されるのも喜んでいます。いつも操作キャラが残念な顔をしていると哀しいけど、要素解放されるとキラキラ〜っていうポップが出てくるのでそれで帳消し、みたいな。

ゲームの基本として「報酬」を得ないとやる気が出ませんが失敗しても報酬が出るのはこういう小さい子にとっては嬉しいことだと思います。

難易度「むずかしい」以降はマジで難しい

ところで大人がプレイする時の話なんですが、難易度の「むずかしい」以降は本当にどの曲も難しくって、いきなりめちゃくちゃなスピードで「カッ」が突然流れてきたりしてビックリします。あれ絶対初見殺し!

そもそも「カッ」がムズイ。「ドン」よりワンテンポ遅れがちな上判定されなかったりして辛い…プレイ動画など見ながら少し練習したいです…

筐体で「おに」プレイしてる人とかもの凄いです。どうなってんだあれ。 最近では「マイバチ」を持っている人も多いようで、もはやドラマーかみたいな。 そもそもレベル高い音ゲーマーみんな凄い。身体能力高そう。

最後に筐体の太鼓の達人神プレイヤーの動画を貼っておくとします。

プリパラ&プリティーリズム プリパラでつかえるおしゃれアイテム1450!

最近アーケードゲームキラッとプリ☆チャンをやり始めました。

何故やり始めたかというと元々着せ替え系のゲームは好きということもあったのですが、友人のオタクがプリチャンにハマっていて、オタクイベントで様々なカードを自慢されたからです。

特にキラキラのカードが凄く魅力的で、キラキラのカード欲しさにやり始めました。いやー、こういうのは実物を見ないと分からないですね。

プリチャンは「プリティーシリーズ」と呼ばれるシリーズの最新作。

オタクなので一応シリーズのことを最低限知っておいた方が良いと思い、アニメをイチから履修している最中です。 プリティーシリーズのことをめちゃくちゃザックリ紹介すると基本はアーケードゲームを中心としたマルチメディアコンテンツ(キンプリはちょっと違うけど)で、歌と踊り、グルメ漫画的ファンタジー演出が楽しい女児向け作品です。

今プリリズのオーロラドリーム→レインボーライブ→プリパラ一期→プリパラ二期後半という感じで消化しています。キンプリキンプラは結構前に友人と観たんですが、その時は1mmも理解出来なかったです……、今観たら理解出来そうなので全部観終わったら再度観る予定です。

プリチャンで使えるアイテムが1450種類もある夢のようなソフトがあるらしい

ということを聞きつけこのゲームを購入。 プリパラの主人公「らぁら」がメインのようなパッケージですがこれ、完全に中身はほぼ「プリリズ」です。 らぁらと一緒にプリリズの世界を体験しよう!みたいな感じ?

因みに筐体で使えるアイテムもプリティーリズムのコーデアイテムです。

UI的には微妙な部分も多い

例えば一つのメニューの先にキャンセルボタンが無かったり、イベントのスキップボタンが無かったりと「痒いところに」手が届かないような感じで少しストレスを感じます。

筐体に読み込ませることが出来るコーデ画面も検索が出来なかったりして使い辛さはあります。しかも一つ一つの服の読み込みが遅い上に、キャラがクルッ☆といちいち回って着替えるものですから、3秒ほど待たなければいけません。

……が!!!そんな細けえことは良いんです!

1450種類ものアイテムを使い放題なんですから!(どーん)

プリチャンに読み込ませると新たな発見もあって楽しい

3DSの画面で見る服と、筐体で実際に動いているマイキャラを見ると全然印象が異なり、新たな発見もあって楽しいです。 なんせ3DSの画面、解像度の関係であんまり細かいところまで見えないんで。

あとプリティーリズムの服はプリパラ・プリチャンの服より現実寄りで、セクシーで大人っぽい服が多いのも特徴ですね……。 デザイン的にはシンプル寄りの物が多いですが、シンプル故にコーデのしがいがあります。

取り敢えずプリチャン、まだ始めたばっかりなんですけど楽しいのでフォロチケよかったら交換しましょう。 あとプリティーリズムのレインボーライブは万人に薦められる真っ当に良いアニメでした。 元々TRF好きなんですがもっと好きになってしまった。なんてこった。

君もプリティー沼に来てくれ!!!!!!!

星のカービィスターアライズ

安定のカービィで面白かったです。 近年のカービィのストーリーモードがどんどん簡単になり短くなっているのが気になりますがこれも時代なんでしょう。

雰囲気はSDXの銀河に願いをに近いと思いました。色違いのキャラ多かったし。

ラスボスはダークマターとゼロツーとガノンドロフを3で割ったような印象。 据え置きカービィのラスボスは怖いキャラが多い。中々グロかったです。そういうところ大好き。

唯一の不満点としましては4人なので画面がとにかく見づらく感じたところ。 好き勝手にフレンズ達が動き回るのでカービィどこ?ってよくなる。

ただこれ私がぼっちでプレイしてる大人だからそう思うのかも知れない。 本来のターゲット層であると思われる小学生達は恐らくこのゲームを友達とプレイすると思うのであまり見辛くならなさそう。言ってて哀しくなってきた。

隠しスイッチを押すことで開かれるエクストラステージは恐らく過去曲オンリーのステージで懐古厨としては嬉しかった。

過去作キャラがフレンズ召喚として喚べるのも嬉しい。 私はマルクがめちゃくちゃ好きなのでマルクを動かせるのが夢のようでサイコーでした。 キャラ好きならすごいオススメです。

星のカービィ スターアライズ - Switch
任天堂 (2018-03-16)
売り上げランキング: 29

ニューダンガンロンパV3

※この記事はネタバレそのものです。未プレイの方は読まないで。

*

*

*

*

*

*

*

*

以下プレイ直後Twitterに書いた私の感想。

ダンガンロンパとかいう芸術作品凄すぎでしょ…今までそんなこと一ミリも思ってなかったし濃い逆裁みたいな感じの目線で楽しんでたけどV3で本気で絶望したと同時に感心してる

.

論破らしい感じだなぁと思いつつもあそこまで何が真実か嘘か分からなさすぎるとちょっと辛い感じもある、ただ二重の意味でシリーズのテーマである苗木(希望)VS江ノ島(絶望)は終わったのかなとか…まぁそれも続けようと思ったらなんぼでも出来るとは思うんですけど終わらせたかった?のかなって

.

だからこその最終章のタイトルが「さよならダンガンロンパ」なのかなあ 二重の意味でというのがゲーム世界と現実とっていう… あとやっぱあの結論はシリーズが続いてるからこそやってる私らがきついところはあるな、だってそれは論破世界の否定なんだもん。

.

いやそんなことは自分達は分かってるけど二次元のキャラクターにそれを言われるのは中々絶望したっていうか…漫画とかアニメとかと違ってゲームって一作出たらスパン開くわけやん。それでここまでえーと、何年か分からんけど長く続いてるシリーズなのに、シリーズだからこそ、っていう

.

それが狙いなのは分かるけどちょっと自分はショックなところはあったかなぁ… ちな色んな意味で私はV3今までで一番好きかもしれない。ただブレインドライブはマジで要らなかったと思う。

↑もうここで感想言っちゃってるんで特にブログに書くことはないかなと思うんですが。。。。改めて。

ゲームそのものについて

議論スクラム、簡単ではあるんですが皆で言うの、凄く好きです。爽快感あります。皆で協力して、デカいダメージ与えるのって気持ち良いですよね。

「これが僕たちの答えだ!!!」(バーン!)

途中途中のミニゲームはブレインドライブだけが絶許って感じでしたがそれ以外のミニゲームは悪くなかったと思う。

ブレインドライブが何故絶許なのかというと、なんせレースなのでコースを走る必要があって、これがムダに時間が掛かって長いんですよね。
レースゲームとしても中途半端なのにアクション性を求めてくるところも嫌。このミニゲームだけ毛色が違いすぎるというか…私は何のゲームをしてるんだ?っていう。

王馬小吉というキャラクター

※キャラ語り

今回のV3のストーリーを盛り上げてくれた素晴らしいキャラクターです。 このキャラクターがいなければV3の評価が変わってしまうのではないか?という程度には王馬小吉は偉大です。

王馬小吉君に拍手!

V3はオチも含め「嘘」というのが重要なテーマの一つだと思うんですが、彼は嘘そのものでした。

彼の存在こそがV3そのものと言っても過言ではないのでは…と思います。

彼に関しては色々な考察を見たのですが結局は「何も分からない」というのが重要なのかと思います。 死に方に関しても結局本当のところは何が原因で死んだのかハッキリしたことは分からないですよね。 キャラクターとして姿勢が一貫されていて本当に美しいと思います。

二次創作や妄想において、自分の信じる王馬小吉こそが王馬小吉で、さながら鏡のように人間の欲望を映し出してしまうキャラクターということでもう存在が面白いし偉大。 勿論全てのキャラクターにこの法則は当てはまるのですが王馬小吉はもっと分かりやすい形で人間の欲望を浮かび上がらせることが出来ます。

「このせかいはおうまこきちのもの」

まさにそうだな…と思います。王馬小吉は世界だ

ダンガンロンパV3の罪

さてここからがストーリーについて。

V3はオチがクソとかいう話はちらほら耳にしていたんで結構やる時不安だったんですけど、そもそもダンガンロンパは個性溢れすぎるキャラクター同士がギャグ的なノリでデスゲームをするゲームですから。 ある意味何があっても「ダンガンロンパ」なら何でもありだよね、と思えるんじゃないかと思ってました。今まではそう思ってました。

批判意見が多いアニメの方も受け容れることができた人間なんで別に大丈夫かなーという感じでした。

……はっきり言ってナメてた。

V3はダンガンロンパという世界の否定をしたんです。

シリーズ全てをひっくり返すということ

もしV3がシリーズものじゃなくて、単体作品ならこういうオチも良かったと思います。 でもダンガンロンパはしっかり根を張ったシリーズ物のコンテンツです。

V3は今までのシリーズ全てまるっと「フィクションです」と言ってしまったことで、今までの命を賭けたデスゲームを陳腐なものに変えてしまった。 シリーズコンテンツとしては最低の、やってはいけないことをしたと思います。

ちなみにプレイ後開発者の色々なインタビュー記事なども漁ったのですがなんとなく腑に落ちませんでした。

私はこんな誰が考えても最低の結末を通すなんて ダンガンロンパを通してプレイヤーを「絶望」させたかったのではないか? と思えてなりません。 (この説は記事の中で何度も否定されていますが)

まとめ

なんやかんやで途中の盛り上がり方に関しては王馬小吉のお陰もあってシリーズイチ面白かったので、個人的には良い作品だったと思います。 そしてチャレンジ精神溢れるオチの付け方。これも個人的には愛すべき要素です。 色々考えさせられますね。

取り敢えず人は選ぶと思います… こういう作品を沼作品と言うんだ!たぶん!
沼る人は沼る。

スーパーマリオオデッセイ

あんまりマリオしないんですけどCMのオシャレさがハンパなく気になってたのでプレイ。

ところでCMでも使われたこの「Jump Up, Super Star!」歌ってるおねいさんはこの都市の国の市長なんですけどどんな狂った市長なんだよ…

しかし良いイベント。ここ、大好きです。 ちなみに英語版の方が歌声も歌詞も良いです。

ここのシーンみたいに、時々壁際でファミコンマリオ操作モードになるんですけど、上手く3Dのマリオと混ざっていたと思う。 逆さまで操作するのとか新鮮で良かった。

しかし街の人達は普通の人間のサイズ感なのにマリオ達だけ人間じゃ…ない…?人間とは一体…?マリオは人間じゃない…?とナゾの不安感に襲われた。

あと今回のクッパはちゃんと悪者してましたね。w

マップがパンフレットになってて、昔の攻略本とかリアルの旅行ガイド見てる感じすごく好き。

全体的に良ゲーでした。 まぁ任天堂の代表的なキャラクターのゲームで面白くないゲーム無いですけどね。

スーパーマリオ オデッセイ - Switch
任天堂 (2017-10-27)
売り上げランキング: 41