ゲームを記録する

ほぼ自分用で個人の感想です

ニューダンガンロンパV3

※この記事はネタバレそのものです。未プレイの方は読まないで。

*

*

*

*

*

*

*

*

以下プレイ直後Twitterに書いた私の感想。

ダンガンロンパとかいう芸術作品凄すぎでしょ…今までそんなこと一ミリも思ってなかったし濃い逆裁みたいな感じの目線で楽しんでたけどV3で本気で絶望したと同時に感心してる

.

論破らしい感じだなぁと思いつつもあそこまで何が真実か嘘か分からなさすぎるとちょっと辛い感じもある、ただ二重の意味でシリーズのテーマである苗木(希望)VS江ノ島(絶望)は終わったのかなとか…まぁそれも続けようと思ったらなんぼでも出来るとは思うんですけど終わらせたかった?のかなって

.

だからこその最終章のタイトルが「さよならダンガンロンパ」なのかなあ 二重の意味でというのがゲーム世界と現実とっていう… あとやっぱあの結論はシリーズが続いてるからこそやってる私らがきついところはあるな、だってそれは論破世界の否定なんだもん。

.

いやそんなことは自分達は分かってるけど二次元のキャラクターにそれを言われるのは中々絶望したっていうか…漫画とかアニメとかと違ってゲームって一作出たらスパン開くわけやん。それでここまでえーと、何年か分からんけど長く続いてるシリーズなのに、シリーズだからこそ、っていう

.

それが狙いなのは分かるけどちょっと自分はショックなところはあったかなぁ… ちな色んな意味で私はV3今までで一番好きかもしれない。ただブレインドライブはマジで要らなかったと思う。

↑もうここで感想言っちゃってるんで特にブログに書くことはないかなと思うんですが。。。。改めて。

ゲームそのものについて

議論スクラム、簡単ではあるんですが皆で言うの、凄く好きです。爽快感あります。皆で協力して、デカいダメージ与えるのって気持ち良いですよね。

「これが僕たちの答えだ!!!」(バーン!)

途中途中のミニゲームはブレインドライブだけが絶許って感じでしたがそれ以外のミニゲームは悪くなかったと思う。

ブレインドライブが何故絶許なのかというと、なんせレースなのでコースを走る必要があって、これがムダに時間が掛かって長いんですよね。
レースゲームとしても中途半端なのにアクション性を求めてくるところも嫌。このミニゲームだけ毛色が違いすぎるというか…私は何のゲームをしてるんだ?っていう。

王馬小吉というキャラクター

※キャラ語り

今回のV3のストーリーを盛り上げてくれた素晴らしいキャラクターです。 このキャラクターがいなければV3の評価が変わってしまうのではないか?という程度には王馬小吉は偉大です。

王馬小吉君に拍手!

V3はオチも含め「嘘」というのが重要なテーマの一つだと思うんですが、彼は嘘そのものでした。

彼の存在こそがV3そのものと言っても過言ではないのでは…と思います。

彼に関しては色々な考察を見たのですが結局は「何も分からない」というのが重要なのかと思います。 死に方に関しても結局本当のところは何が原因で死んだのかハッキリしたことは分からないですよね。 キャラクターとして姿勢が一貫されていて本当に美しいと思います。

二次創作や妄想において、自分の信じる王馬小吉こそが王馬小吉で、さながら鏡のように人間の欲望を映し出してしまうキャラクターということでもう存在が面白いし偉大。 勿論全てのキャラクターにこの法則は当てはまるのですが王馬小吉はもっと分かりやすい形で人間の欲望を浮かび上がらせることが出来ます。

「このせかいはおうまこきちのもの」

まさにそうだな…と思います。王馬小吉は世界だ

ダンガンロンパV3の罪

さてここからがストーリーについて。

V3はオチがクソとかいう話はちらほら耳にしていたんで結構やる時不安だったんですけど、そもそもダンガンロンパは個性溢れすぎるキャラクター同士がギャグ的なノリでデスゲームをするゲームですから。 ある意味何があっても「ダンガンロンパ」なら何でもありだよね、と思えるんじゃないかと思ってました。今まではそう思ってました。

批判意見が多いアニメの方も受け容れることができた人間なんで別に大丈夫かなーという感じでした。

……はっきり言ってナメてた。

V3はダンガンロンパという世界の否定をしたんです。

シリーズ全てをひっくり返すということ

もしV3がシリーズものじゃなくて、単体作品ならこういうオチも良かったと思います。 でもダンガンロンパはしっかり根を張ったシリーズ物のコンテンツです。

V3は今までのシリーズ全てまるっと「フィクションです」と言ってしまったことで、今までの命を賭けたデスゲームを陳腐なものに変えてしまった。 シリーズコンテンツとしては最低の、やってはいけないことをしたと思います。

ちなみにプレイ後開発者の色々なインタビュー記事なども漁ったのですがなんとなく腑に落ちませんでした。

私はこんな誰が考えても最低の結末を通すなんて ダンガンロンパを通してプレイヤーを「絶望」させたかったのではないか? と思えてなりません。 (この説は記事の中で何度も否定されていますが)

まとめ

なんやかんやで途中の盛り上がり方に関しては王馬小吉のお陰もあってシリーズイチ面白かったので、個人的には良い作品だったと思います。 そしてチャレンジ精神溢れるオチの付け方。これも個人的には愛すべき要素です。 色々考えさせられますね。

取り敢えず人は選ぶと思います… こういう作品を沼作品と言うんだ!たぶん!
沼る人は沼る。

スーパーマリオオデッセイ

あんまりマリオしないんですけどCMのオシャレさがハンパなく気になってたのでプレイ。

ところでCMでも使われたこの「Jump Up, Super Star!」歌ってるおねいさんはこの都市の国の市長なんですけどどんな狂った市長なんだよ…

しかし良いイベント。ここ、大好きです。 ちなみに英語版の方が歌声も歌詞も良いです。

ここのシーンみたいに、時々壁際でファミコンマリオ操作モードになるんですけど、上手く3Dのマリオと混ざっていたと思う。 逆さまで操作するのとか新鮮で良かった。

しかし街の人達は普通の人間のサイズ感なのにマリオ達だけ人間じゃ…ない…?人間とは一体…?マリオは人間じゃない…?とナゾの不安感に襲われた。

あと今回のクッパはちゃんと悪者してましたね。w

マップがパンフレットになってて、昔の攻略本とかリアルの旅行ガイド見てる感じすごく好き。

全体的に良ゲーでした。 まぁ任天堂の代表的なキャラクターのゲームで面白くないゲーム無いですけどね。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

※この記事はふんわりとしたネタバレを含みます

Switchで初めてやったゲームがこれ。

前々からゼルダの伝説の最新作がヤバいらしいというのは聞いていたのでかなり楽しみにしてプレイ。

そりゃ色んな賞取っちゃうわ〜〜!ってぐらいの出来でした。 万人にお勧めできる神ゲーですね。

OPの余計なムービーが無い

RPGでありがちな長々なムービーが無いです。

「ちょっとこれいつ始まるんだよ〜〜〜!」

みたいなアレ。アレが無いです。素晴らしい。

最初から武器、揃ってる

今までのゼルダって後半にかけて武器やらアイテムが増えていって、それに伴って謎解きの難易度が高くなる、みたいな印象があったのですがBOWは最初から武器が全て揃っているため最初から色んなアイテムを組み合わせて謎解きが出来ます。

そもそもオープンワールドでストーリーもやってもやらなくても良いのでとにかく自由度がすごい。

大体ゲームよくやってたら序盤のチュートリアルっぽいやつとかホント面倒くさいし序盤の要素、出来ることも少ないし大体面白くないんですよね。 疑問を感じたらすぐググって調べられる時代ですし、その辺を潔くスパッと捨ててくれたのはハッキリ言って最高です。

ゲームの「面倒くさい」をとことんまで排除してくれているのでストレスが無いです。

メインストーリー・設定が重い

私が何気に一番推してるのがこの部分です。 あまりストーリー部分を語る方がいないのか、あまりこの部分の評判はTwitter等でも見る機会が無かったので意外な嬉しいポイントでした…

なんせ100年前にコールドスリープ状態にされたリンクとガノンを封じているゼルダ以外の仲間全員死んでます。

そう、BOWは「100年前にリンク達がガノンに負けて」世界崩壊した後の世界なのです。終末感がすごい。

でも人々はそこそこ生活を立て直し平和に暮らしてます。でも100年前の爪痕はそこらしらに残っていて、廃墟のような建物がハイラルの美しい自然の中に沢山あります。

はいこれだけでも大好きですね。 自然と死、人々の生が全て煌めいている!という混沌感が私は好きなんですよね。死だけの世界はあんまり萌えないので……

…と、脱線しかけたところで………

リンクは記憶を無くしているのですが、この仲間達のエピソードやゼルダに関してのエピソードは各地にある思い出の場所に行くことにより断片的に思い出していくことになります。 因みに別に思い出さなくてもガノンを倒すことも出来ますがここは是非全て思い出して神獣も解放することをオススメします…!

ゼルダ以外の仲間は「神獣」と呼ばれる古代兵器の中で全員殺され、魂ごとその古代兵器に100年縛られているのでその仲間の魂を解放しながら仲間の力を得ていくわけなん、ですけど… これが色々しんどい。最高です。

ゼルダ姫のキャラが生々しい

今回のゼルダはひと味もふた味も違う! すごく人間くさいんですよ。簡単に言うと。

BOWのゼルダは確かにヒロインではあるのですが、王家の女に代々伝わる巫女としての力に目覚められず、周りには所謂「出来損ない」の烙印を捺されていて「天才少年騎士」であるリンクに対して始めはめちゃくちゃコンプレックス丸出しの発言をしたりします。 勿論(?)最終的にちゃんとデレてはくれますが。

力に目覚められず周りには出来損ない扱いをされ、それでも自分も何か役に立たねばと半ば巫女としての使命から逃げるように古代兵器の研究も熱心にしますが、父親である王にはそのことについて厳しく叱られていて、かなりしんどい思いをしています。

父親が残した日記を見ればゼルダにもしっかり理解があり、愛情があるというのは分かるんですけど日記の中でしか本心は語られず、それは本人には伝わらないまま王は100年前に亡くなります。 リアルな親子関係って感じでここもすごく胸が締め付けられます。

この辺の心理描写や人間関係の描写が私達とは変わらない、普通の女の子感が凄くて。眉毛がミョーに太いのも相まって、「姫」キャラでこういうキャラは珍しい感じがして中々新鮮でした。

ゲームの環境音楽としての音楽表現

音楽がすごく良いんですよ。 何が良いってもう、調べたら色々出てきますが。。。

とにかくゲーム上の動きだとか、環境だとかに静かに染み渡るような素晴らしい音楽表現でした。

音楽単体でどうこう語るような感じじゃないんです。 ゲームとあわさって、ちゃんと操作して初めて生きるような、そんな音楽です。

ハイラル城内の曲なんてシリーズやってるゼルダファンからすると鳥肌モンでした。

ゲームミュージックは好きなんですけど、こういう方向性で良いと思ったのは初めてというか、かなり新感覚ですね。

是非プレイして感じて欲しい…

まとめ

神ゲーすぎた。 全人類やるべき。

DLCダウンロードまだしてない。全部出たらしたいなー。

はじめに

はじめまして。ぽぴどんまたはZubaEです。

私は随分前に閉鎖されてしまった、「ゲームメーター」というサイトをよく利用していました。 「ゲームメーター」は遊んだゲームを記録したり、そのゲームに対して一言コメントを残したりする便利なサイトで、自分は数ヶ月ごとに何本かまとめてそのサイトに記録を残すような、そんなゆる〜〜いユーザーでした。

最近またゲームを記録したくなったものの、代わりとなるサイトにしっくりくるものが無かったためブログを開設することにしました。

というわけでざっくばらんに、雑〜〜〜にやったゲームの感想をこのブログに書いていこうと思います。